ガス器具・設備のご案内ガス料金のご案内 ガス利用ガイドショールームアスク 大分ガスサービスショップ
大分ガスTOP > 家庭用のお客様TOP > ガス機器・設備のご案内 > ガス温水式床暖房

ガス温水式床暖房とは

屋外の『熱源機』で約50℃の温水をつくり、床下に設置された『温水パネル』のチューブの中に温水を流すことにより床面を暖めるシステムです。

ガス温水式床暖房の特徴

足下からの冷たさがやわらぐ

エアコンなどの温風暖房では、暖められた空気は軽くなって上昇し、床付近には冷たく重い空気が漂います。
床暖房なら、『伝導熱』『ふく射熱』で床面から暖めるので足元の温度が一番高くなります。足元からぽかぽか暖まるので、ゾクゾクするような下からの冷たさが和らぎます。
ですから、吹き抜けのリビングやダイニングには床暖房が最適です。

温風が発生しないため体にやさしい

床暖房は風が発生しないため温風にあたった時の肌のかさつきやのどの渇きを感じません  

立ち上がりが早く低温ヤケドの心配も少ない

ガス温水式は電気式パネルよりすばやく立ち上がります。
また、閉塞面での温度上昇が少ないため低温やけどの心配も少なくなります。

ハウスダストが減少してクリーンな室内

温風暖房と違い床暖房は風がないので、ほこりを舞い上げることがありません。
ぜんそくやアレルギー症の方、小さなお子様がいるお宅などには、ほこりを舞い上げずハウスダストの少ない床暖房がおすすめです。
また、室内で燃焼させるストーブなどと違い、屋外の熱源機で作ったお湯を使うのでお部屋の空気を汚しません。

お問い合わせ

お問い合わせは、 最寄の大分ガスショールームアスクもしくは大分ガスサービスショップまで