ガス器具・設備のご案内ガス料金のご案内 ガス利用ガイドショールームアスク 大分ガスサービスショップ
大分ガスTOP > 家庭用のお客様TOP > ガス機器・設備のご案内 >ENE FARM(エネファーム) > エネファームってなに?

エネファームってなに?

エネファームは、都市ガスから「水素」を取り出し、空気中の「酸素」と反応させて電気とお湯をつくる「発電する給湯器」です。
エネファームのしくみ

エネファームは、都市ガスから取り出した「水素」と空気中の「酸素」とを化学反応させて電気をつくり、その時に発生した熱でお湯もつくる「燃料電池方式」の家庭用コージェネレーションシステムです。都市ガスを使用して電気をつくるので、天候にも左右されず、安定した運転ができるのも特長です。

経済的で快適なエコライフが実現

エネファームでつくられた電気は、部屋の照明やパソコン・テレビなど、ご家庭のあらゆる電化製品にご利用できます。また、発電時につくられるお湯は、お風呂やシャワーなどにも使用することができ、暮らしをもっと豊かに快適にしてくれます。

省エネな暮らしを支える学習機能

エネファームは、ご家庭の電気・給湯・お湯はりなどの使用状況を自ら学習し、最も省エネとなる時間帯に自動的に発電を行う学習機能を搭載。必要なときに必要なだけエネルギーをつくり出し、使わないときにはつくらない。つまり、知らない間に省エネが行われるわけです。

政府が推進する最先端エコ機器

エネルギーの有効利用が求められている現在、政府は「各家庭で電気と熱を効率的に創ることのできる分散型電源」の普及をこれからのエネルギー政策の柱のひとつとしています。
具体的には、エネファームを2020年までに140万台、2030年までには530万台、普及させるという目標を掲げています。これは、およそ10世帯に1台エネファームがあるという計算になります。